木材品質へのこだわり

四国の暮らしと森を守る使命。

四国で暮らすなら、四国の気候風土に合った木材で家を建てたい。その想いはとてもシンプルで、昔から大切にされてきたことです。
四国のちょうど真ん中、早明浦ダムがある嶺北地方には、古くは築城にも用いられた土佐スギや土佐ヒノキなどが立派に育っています。
建築資材としてそれらを伐採することが森林の管理につながり、緑豊かな木々がまた育っていく…。
この大切な循環に、少しでも貢献したいとライズは考えます。

伝統と技術が息づく
木造在来工法に
無限の可能性を。

木造建築の土台や柱、梁、筋交いなどを軸で組み立てていく在来工法は、
先人たちより受け継がれてきた歴史ある工法。
見た目の美しさだけでなく、設計上の自由度が高く通風や採光にも優れています。
その魅力を最大限に活かしたライズの木造在来工法は、時には繊細で、
時には大胆な間取りに可能性をもたらせます。
いくつもの住宅を手がけてきた現場経験と知識とノウハウで、
ご家族の想いをカタチにしていきます。

木造在来工法
リビング

梁を活かし
最大限に
無垢の心地よさを。

ライズのデザインの特徴でもある梁(ハリ)を活かした家づくり。
産地に出向いて木材を吟味し、納得のいく木材を選別し、
意匠性をもって無垢の心地よさを感じながらの暮らしが実現します。
また無垢の梁や柱は調湿効果もあり、日本の風土に合った木造住宅の心地よさを
最大限に活かします。

  • キッチンと繋がる無垢材のダイニング

    キッチンと繋がる無垢材のダイニング

    造作家具を得意とするライズの家は、キッチンと繋がるダイニングテーブルが特徴。家事動線、家族のつながりは勿論、スペースの有効活用ができるためリビング空間にゆとりが生まれます。

  • リビングにつながる中庭

    リビングと中庭と繋がる家。

    リビングと一体感を持たせたウッドデッキの中庭は、各部屋の窓を中庭に配置する事でプライバシーを確保した大開口が実現します。また家族の気配を感じることができることも大きな特徴です。

  • 半地下スペースの活用

    半地下を活用。趣味部屋、ストック使い方は多彩に。

    スキップフロアの高さを有効活用し、半地下をご主人さんの趣味部屋やお子様の遊び部屋、普段使わないものをしまっておけるストックルームとしてもご活用いただけます。

  • ニッチスペースの有効活用

    ニッチスペースも、有効活用。

    オーダー住宅だから実現できるニッチ収納。デッドスペースをうまく活用し、ライフスタイルのご要望に合わせて、欲しい場所にちょっとした収納や飾り棚を設けていただけます。

  • 無垢材フローリング

    素足で気持ちいい「無垢材フローリング」を。

    ライズでは、120mm幅、厚さ15mmの無垢材フローリングを標準仕様としています。オーク・アカシア・バーチ材etc...インテリアやお好みに合わせた床材をお選びいただけます。

  • 出窓

    出窓や、ちょっとした場所にも手を抜きません。

    住宅の建坪にプラス出窓を設ける工夫は、ちょっとしたことで広さを感じていただける部屋に変わります。フローリングを貼ることで、意匠性がぐっと上がり、座ることも出来たりします。

お問い合わせ&資料請求

「ライズアーキテクトスタジオ」の会社案内パンフレットをお送りさせていただきます。
資料請求フォームよりお申し付けください。
ご来場予約および、ご相談も下記フォームまたは、お電話にてお気軽にどうぞ。