NEWS&BLOG

  • 気密測定ーTH邸ー

    CATEGORY: BLOG

    SHARE

    こんにちは◎

    尾立です♩

    昨日は、TH邸の気密テストに立ち会ってきました。

    私も初めての気密測定でドキドキでした・・

    そもそも気密測定値をなぜ出すのか?ってところなのですが、せっかく建てたお家が隙間風で冬は寒く夏は暑いのは嫌ですよね・・

    そこで一体、お家に隙間風がどのくらい入ってくるのかを数値で図って空気がどこから漏れているのかを知るために行います。

    そしてその数値を、C値といいます。C値は建築全体の隙間面積(c㎡)を延床面積(㎡)で割った数値で、上記でご紹介した建物の気密性能の指標として用いられています。この数値は、平均は1.0以下だと高気密・高断熱住宅とされるのですが、ライズでは、0.5以下になるよう心がけています。数字が小さくなるほど隙間が少ないんです。

    ここで我が家の隙間がどのくらいのレベルかをちゃんと知っておくことが大事なのです!昨日もご主人様も立ち会っていただき測定を行いました◎

    気密測定機です。外向きのファンでお家中の空気を外に排出して、測ります。

    ライズのお家は平均で0.4のC値を出しています。

    今回はいくつだろうとみんなでドキドキしながら見守りました・・

    結果は・・・0.2でした!!

    ライズで初めてと思われる数値で、お施主様もすごく喜んでくれました♩

    ご家族にも帰っていい報告が出来る♩と仰っていただき、私もここに立ち会えたこととても嬉しく思いました.。o〇


    この数値を出せたことにあたり、ポイントがあります!今回このお家には、【YKK AP】さんの【高性能トリプルガラス430】【高性能樹脂窓330】を採用してします。
    【高性能トリプルガラス430】はトリプルガラスと樹脂フレームを組み合わせ高い断熱性能に特化しています。【高性能樹脂窓330】は、樹脂とLow-Eガラスがアルゴン封入されたものになります。
    どちらも高断熱を重視したお家にはもってこいなサッシとなっています◎
    【夏は涼しく・冬は暖かく】を実現できるので、夏も冬も訪れるのが楽しみですね♩

    また、進捗状況アップしますので、お楽しみに・・

RISE architect studio inc株RISE architect studio inc