建築会社/新築住宅/リフォーム/香川県/高松市/建築工房ライズ株式会社 | 外断熱工法

ライズの外張り断熱工法
外張り断熱は、建物を躯体の外側から全体を包んで断熱する工法です。
断熱材が柱や梁の外側に設置されるため、断熱材が壁面全体を切れ目なく覆い、高い断熱性・気密性を実現します。また柱の外側で断熱するため、一年を通して壁内も室内と近い環境になります室内との温度差が小さく、壁内結露も少なくなります。

ライズの外張り断熱は、仕上げ一体型外張り断熱システムを採用。
コスト面でも使いやすい外張り断熱でありながら、国内最高水準の断熱性能の確保と、高い柔軟性による目地の無い大壁左官仕上げを同時に実現しています。